バッファロー製のモバイルルーターってどんなもの?

FOMAハイスピードに対応し、なんと、SIMフリー化もOKなモバイルルーター端末。

それが、バッファロー製のモバイルルーター「DWR-PG」です。

元々こちらは2010年にdocomo向けに発売されたモバイルルーターになりますが、今回はSIMフリー端末として復活しました。

もちろん、docomoと契約することも可能ですが、SIMフリーの良さを利用して、安価な業者と契約するのもアリです。

基本スペックはこんな感じです

値段は何と秋葉の電気街で3,980円〜(Amazonだと6,000円前後)となっています。

一般的なモバイルルーターの値段が20,000円前後しますから、この値段はかなり破格の値段であると言えそうです。

でも、安くても内容が悪かったらどうにもなりませんよね。

そんな中、「DWR-PG」はどのくらいのスペックなのでしょうか?

通信速度は、下り(ダウンロードの速度)が最大で7.2Mbps。上り(アップロードの速度)が最大5.7Mbpsとなっています。

一般的には1Mbps程度の速度が出ていれば、十分動画を見たり、ゲームをしたり、ネットを閲覧したりすることができるので、速度の面は心配ないようです。

また、次に気になるのは、バッテリですよね。

モバイルルーターは外に持ち運ぶことを前提に使っていますから、やはり、バッテリの持ちは問題になります。

「DWR-PG」は最大で6時間のバッテリの駆動が可能です。

1日使うのには、少し物足りないかもしれませんが、節約して使っていけば、それほど問題にはならないでしょう。

それ以外にも、専用にクレードルが付属してくるので、有線LAN、無線LANとあなたの使い方で切り替えることが可能です。

広々とした対応エリア!

「DWR-PG」はドコモのFOMA回線に対応しているので、基本的には日本中どこでもつながります。

人口カバー率がほぼ100%なので、これはかなり嬉しいポイントではないでしょうか?

その他にも、iPhoneやiPadなどでも動作確認済みということなので、apple製の端末であっても、高速通信が楽しめます。



TOP PAGE