楽天のWi-Fiの解約って簡単?

楽天のスーパーWiFiは2016年の1月29日をもって、申し込みのサービスを終了しています。

今は、名称を変えて、ソフトバンクグループのサービスへ移行しています。

新しい名前は、「S−WiFi」

そんなあたらしく生まれ変わったS−WiFiですが、解約ってできるんでしょうか?

まず、結論から言ってしまえば解約は可能です。

ただし、ポケットWi-Fiには基本的に〇〇年契約という縛りがあります。

人気のWiMAXなら2年間の契約。

Y!mobileは、なんと3年の契約です。

S−WiFiは2年か3年の縛りとなっています。

つまり、この契約期間内の解約は、違約金を支払う必要があります。

違約金は、残りの契約期間によっても違いますが、数万円単位の費用がかかります。

また、それだけでなく、契約の解除料として、9,500円(税抜)を支払う必要もあるのです。

よって、余程のことがない限り、途中での解約はやめた方が無難でしょう。

例えば、契約から1カ月で解約という場合、違約金は、36,572円となります。

これは結構高額ですね。

ちなみに1年経った後の解約は、24,000円。それでもまだ高額になります。

解約金を支払わなくてもよい時期は何時?

基本的には契約更新月が解約金が発生しない期間です。

2年の契約ならば、25カ月目と26カ月目が契約更新できる期間になります。

よって、この2ヵ月の間であれば、違約金がなく解約を進めることが出来ます。

では、楽天の解約はどのような手段で進めるのでしょうか?

具体的な流れはカスタマーサービスへ連絡し、解約申請書を送ってもらい、必要事項を記入することです。

送られてきた書類にSIMカードを貼り付けて返送し、それが受理された時点で解約が完了します。

これ以外の期間に解約しようとすると、前述の通り、高額に違約金が発生します。

よって、契約期間の終了が近づいてきたら、早めの手続きをすることになります。

うっかり契約を更新してしまい、そこから解約をしようとすると、一番高い金額を支払わなければならないので注意しましょう。



TOP PAGE